不動産相続時の諸問題

 相続を考える際に、重要になってくるのが不動産です。
 相続税に最も大きな影響を与えるのが不動産なのです。

 ここでは不動産相続時の諸問題に関して、詳しくご説明いたします。

相続不動産の評価方法

 相続税の金額に最も大きな影響を与えるのが不動産です。
 通常、相続税については税理士が算定する場合が多いですが、なかには、相続税申告に慣れていない税理士もいて、不動産の評価が適正ではないこともあるのです。
 相続財産に不動産が多く含まれていたり、高額な不動産が含まれる場合には、相続税に精通した税理士に相談されることをお勧めいたします。

 詳しくは、相続不動産の評価方法をご覧ください。

相続不動産の評価を下げる方法

 相続税対策として、相続不動産の評価を下げることは大きな節税効果があります。

 詳しくは、相続不動産の評価を下げる方法をご覧ください。

不動産の境界問題

 相続する土地について、隣地との境界でトラブルに発展するケースもあります。
 境界問題の専門家である“土地家屋調査士”に調査を依頼しましょう。

 詳しくは、不動産の境界問題をご覧ください。

相続不動産の売却

 相続した不動産を売却するなんて!と思われた方もいらっしゃるかと思います。
 しかし、実は相続した後は、不動産売却のチャンスです。気になる方はご検討されてはいかがと思います。

 詳しくは、相続不動産の売却をご覧ください。

相続・遺言の初回相談無料 石川、富山、福井の方 0120-316-929 受付時間:9:30~17:30 休日:土日祝 上記以外の地域の方はこちら 076-251-5982 ※予約専用です。お電話による相談は承っておりません。